必要なもの揃ってますか?

飲食店を開業するためには

飲食店を開業するために必要なお金

開業するためにはお金が必要です。
そこで、まずはお店を開くまでの初期投資がどれくらい掛かるのかを考えてみましょう。
何よりも先に必要なのは場所の確保です。
多くの方が店舗を借りて営業していますが、借りる際に掛かる費用は賃料だけではありません。
まずは物件のオーナーに支払う保証金が賃料の1年分程度掛かります。
場所を確保したら今度は内装と設備です。
飲食店は電気配線や厨房・トイレの水道配管が一般の住宅や事務所とは異なるため、新装するのか、元々飲食店だったのかが大きく影響します。
冷蔵庫やガスコンロ、浄水器などのの設備の他にもパソコンや電話、メニュー、食器など様々な備品も用意しなければなりません。
これらができてようやくお店の形が整うという訳です。
最低でも1000万円程度かかる場合が多いですし、開店後の運営資金も必要です。
資金が足りない人は融資を受ける予定かもしれません。
しかし銀行は実績の無い事業者に厳しく、新規事業者でお金を借りるのは難しいと思います。
そんな人に向けた2種類の融資制度があります。
日本政策金融公庫と地方自治体によるもので、どちらも事業者支援のために比較的低金利です。
地方自治体によるものは、それぞれ自治体によって金利も異なります。
地方自治体の場合は、自治体の援助を受けた銀行からお金を借りるというところがポイント
です。
地方銀行とつながりを持ちたい方は、自治体による融資制度を活用する方がいいでしょう。
どちらにせよ、簡単にお金を貸してくれるというわけではありません。
手持ちの現金はどれくらいあるか、信頼できる人柄か、開業後の事業計画はしっかり立てているのかなどが審査の重要な点となっています。
融資の審査が通るように、事前にしっかりとした事業計画書が必要になる事を覚えておきましょう。
そういえば、この他にも飲食店開業について、詳しく調べているサイトを発見しました。
これから開業を目指す人は、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。~飲食店開業塾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です